シーリング

■ 建物に必須のシーリング工事とは?

シーリングとは、サイディングやALCといった外壁材に見られる、ボード同士のつなぎ目を埋める目地材のこと。
隙間をふさいだり、クッションの役割を果たします。

家や建物は基本的に、数多くの部材から成り立つもの。
特にサイディングは、複数のパネルやボードを張り合わせてできており、どんなにピッタリくっつけたとしても、その間にはわずかな隙間ができてしまいます。

そのため、敢えて目地という少し広めの隙間を作り、そこにシーリング材を詰めて密閉させているのです。

シーリングは目立たないものではありますが、劣化してしまうと雨漏りを引き起こすこともある、大変重要な部材。そのため、建物の防水において、シーリングの定期的なメンテナンスは必要不可欠です。

10年に一度を目安にシーリング工事を行ない、防水を万全な状態にしておきましょう。

■ どこを見ればいいの? 症状は?

(1) 外壁同士の目地
(2) 窓サッシ・玄関サッシと外壁材の隙間
(3) お風呂の浴槽と壁の隙間
(4) 洗面台と壁の接合部

こういったところは比較的目にしやすい場所ですので、今すぐにでもご確認ください。
ーリングのちぎれやはがれ、縮み、ひび割れが生じると、塗膜の劣化や建物の骨組部分の腐食に繋がり、大規模な補修工事が必要になることもあります。「シール部分が劣化しているだけ」と怠らず、早めに修繕していくことが大切です。

なので、こういった症状を発見したらお早めにご相談を。お客様で判断できない場合も、ご相談いただければ当社で診断いたします。

一覧ページに戻る