下地処理

■ 下地処理の重要性とは?

下地処理は、塗装工事において塗料を塗るまでにやっておかなければならない処理の総称です。

長年使用されてきた塗装面には、当然汚れもついていますし、下地自体が傷んでいる可能性も。そういった問題を無視して、上から塗料を塗ってしまえば、すぐに剥がれ落ちたりとせっかくの塗装が台無しになる恐れがあります。

だから下地処理は重要なのです。
当社では下地処理から丁寧に行ない、長持ちする塗装を実現いたします。

■ 下地処理の流れ

下地処理は非常に重要な工程ですが、悪質な業者の場合、こういった工程が省かれているケースも。
外壁材や屋根材によって異なる部分はありますが、基本的に当社では以下のような手順で下地処理を行なっています。

1. 高圧洗浄

下地処理の一番最初に行う作業が高圧洗浄。外壁や屋根に付着した、ほこり、コケ、チョーキングの粉(手で触った際に付着する粉)などを綺麗にするため、高圧洗浄機で汚れを落とします。

2. 劣化した塗膜を剥がす

モルタルの外壁材は、外壁の劣化が進むとチョーキングやクラックなどが起こり、放置すると塗膜が剥がれてしまいます。

これを放置したまま塗装してしまっては意味がありません。高圧洗浄機や工具を使って剥がしていきます。

3. 補修

サビや旧塗膜を落とすケレン、クラックと呼ばれるヒビ割れの補修、劣化したシーリングの打ち増しや打ち直しなど、外壁材や屋根材の症状に合わせた補修作業を行ないます。

一覧ページに戻る