外壁塗装

■ 美観性を守るだけじゃない。外壁塗装の役割とは

外壁塗装は、外観の美しさを取り戻すだけでなく、建物の耐久性を高めてくれるもの。私たちが快適に暮らせていけるのは、外壁が建物を守ってくれているからです。

日々日差しや風雨といった過酷な環境に晒されている外壁は、10年を目安に塗り替えが必要と言われています。そんな外壁の状態を把握されている方は、少ないのではないでしょうか。

普段じっくり見ることのない部分ではありますが、外壁の劣化具合を把握しておくことは、快適な暮らしを維持するうえで非常に重要。症状を放っておくと、雨水などの水分が建物内に浸入し、さまざまな悪影響を及ぼします。

建物の耐久性が落ち、建て替えなどの大規模な工事になる前に、しっかりとメンテナンスを行ないましょう!

■ すぐにできる! 外壁の状態チェック!

(1) ツヤが無くなってきた
(2) 汚れが目立つ、色あせている
(3) 壁を手で触ると白い粉が付く
(4) ひび割れや塗膜の剥がれが見られる

汚れが目立つ、色あせている、壁を手で触ると白い粉が付く……そんな症状が見られたら塗り替えの時期!
ヒビ割れや塗膜の剥がれまで症状が進行してしまうと、下地にまで傷みが及んでしまいます。

■ 雨水が建物内に侵入するとどんな悪影響が?

建物内部に水分が浸入すると外壁内部の劣化が進行。内部の劣化を放置していると建物自体が腐食し、コンクリートに含まれるセメント成分が中性化して、本来あるはずの強度を失ってしまいます。

また、雨漏りが進行して湿度が高くなると、シロアリ発生の原因になります。
そうなると、建物全体の建て替えなどの大規模な工事が必要になることも。
長く住むためにも適切なタイミングで塗り替え工事を行ないましょう。

一覧ページに戻る