屋根塗装

■ 外壁以上に重要。屋根塗装の役割とは

屋根は外壁よりも直射日光や風雨などの外的影響を受けるため、建物の中で最もダメージを受けやすい箇所。前回の塗り替えから10年が経っている場合、確実に劣化は進んでいます。
また、前回から10年が経過していない場合でも、外壁に気になる症状が出ている場合、屋根も同じように劣化している可能性があります。

屋根は普段あまり目にしない場所ですが、劣化を放置していいということにはなりません。気づかないうちに劣化が進み、全面屋根工事が必要となってしまったら、メンテナンスとは比べ物にならない費用がかかってしまいます。

適切な時期にきちんとメンテナンスを行ない、快適な暮らしを維持しましょう。

■ 目の届く場所でも確認を! 屋根の状態チェック!

(1) 屋根の色が変色している
(2) 屋根が反ってきている
(3) 屋根の塗料が剥がれている
(4) 藻やコケが発生している

屋根が反ってきている、屋根の塗料が剥がれているといった症状が見られるようになったら、そろそろ塗り替えを!
塗料の剥がれや藻・コケの発生まで症状が進行してしまうと、雨漏りする危険大。屋根はなかなか確認しづらい場所ですので、状態のチェックから当社にお任せください!

■ 屋根が劣化するとどんな悪影響が?

外壁と同様、建物内部に水分が浸入すると建物内部の劣化が進行し、建物の強度の低下を招く可能性が。
また、全面屋根工事や建物自体の建て替えが必要となるほど劣化が進んでいると、出費はさらに大きくなりかねません。

屋根塗装も外壁塗装も、工事の際には足場を設置する必要があります。
別々に施工すると、その分時間も費用も2倍かかるため、一度にご依頼されるのがオススメです。

一覧ページに戻る